2017年3月7日~18日 東大寺学園中学高等学校

 

アンネ・フランク パネル展 実施報告(エリザベト音楽大学)

 12月1日(金)〜8日(金)まで本学エントランスホールにて、9日(土)〜13日(水)までは本学セシリアホール2階ロビーにて、アンネ・フランク パネル展を開催した。学内外から多くのお客様が足を運ばれ、アンネの生涯、ユダヤ人の悲惨な歴史に「パネルを見ると自然と涙が出てきた」「歴史で習った収容所で殺された人たち、という認識でしか無かったが、皆アンネと同じで一人ひとりにいろんな人々と関わった人生があったことに気付かされた」「アンネは“書く”というタレントを神さまから与えられて、その使命を果たし、今も生き続けていると思った」など、様々な声が寄せられた。

 12月2日(土)にはアンネ・フランク財団からステファン・フェルファーカ氏を迎え、午前は本学学生を対象に、午後は学外のお客様を対象に、講演会を開催した。フェルファーカ氏はクリスマスのお話から、アンネの日記について言及され、アンネについてのDVDを10分ほど上映した。本学学生には、音楽と平和の関連性を強調してお話しくださり、音楽を専門に学ぶ学生たちにとって、自らの使命を考える良い機会になった。